さんいち薬品

別府市光町13-28

店舗の特徴


当店では、中国漢方五千年の経験に基づいて、その方の病的な状態を、身体的素質をはじめ、環境条件・生活習慣・加齢によるバランスの崩れ等、様々な角度から捉えていきます。

症状には個人差がありますので、その方に合った治癒に向けての方法と、その方ご自身の自主的な取り組み方をアドバイスします。

 

「幸せは 心と身体の健康から」 ~心も身体も健やかな毎日へ~

皆様のチカラになりたい・・・それがさんいち薬品の願いです。

お気軽にご相談下さい。

店舗情報


営業時間

10:00~18:30

定休日 日曜日、祝日
ホームページ http://kampo-sanichi.ftw.jp/
電話番号 0977-21-0031

アクセス


住所 〒874-0930 大分県別府市光町13-28
最寄駅 JR別府駅より徒歩7分
駐車場 5台あり
備考 なし

さんいち薬品の思い


結婚した相手が漢方薬店の主人

ということからが始まりです

“一助塾の志”を胸に

 

漢方に縁がなかった私ですが、“植物生薬・動物生薬”と手にしながら陳列の整理をするのは楽しいものがありました。

また、中医学理論に基づいて“弁証論治”で処方する中成薬にもそれまでは馴染みがなく“対症療法”や“根治療法”によって早い改善を目の当たりにすると、「良かった」という大きな喜びがありました。

 

夫の亡き後も20年前に夫が開塾した『一助塾』の志を同じくする同業の先生方と、今でも勉強会が続いているのは有難いしとても幸せです。

 

漢方をもっと知っていただいて生活の中に自然に取り入れていだだきたいと、生涯学習・生涯現役を目指して頑張っています。

地域密着の“かけこみ寺”でありたい

 

仕事上や人間関係(家族関係も含めて)のストレスのために不調を訴えられる方、生活習慣、食生活の乱れから来る不調、加齢による不調、様々な不調を何かしら抱えておられる方は多いのではないでしょうか。

今までの生活習慣・食生活を見直され、ご自分で取り組んで立て直しをされる為のアドバイスや後押しをして差し上げるのが我々の仕事と思っていますので、地域密着の『かけこみ寺』でありたいと思っています。

 

20代~80代の男性・女性幅広い方々にご利用いただいていますが、特に女性のお客様は多いです。多くの方に買われなくても気軽に入っていただいて、店内に広がる漢方の香りを楽しんでいただきたいと思っています。

5年先、10年先の事を考えた

早めの健康管理

 

高齢化社会で老老介護は一般化になりつつありますが、歳を重ねても『自分の事は自分でできる』『独りで歩く』『頭もしっかり社会性を持って生涯を過ごす』という事を目指すために、“未病先防”(病気にかかった人々を治療する事よりもむしろまだ病気にはかかってはいないが“半分病気”:これを中医学で未病と言います)の方々にアドバイスして差し上げながら、5年先、10年先の事を考えた早めの健康管理をお客様ご自身で取り組まれるよう後押し出来るアドバイザーでいたいと思っています。

【さんいち薬局の歩み】

 

昭和24年以前

夫の父(初代)が薬品会社を三一薬品として設立

 

昭和24年以後

店舗販売開始

 

昭和45年

初代より夫が引継ぎ漢方専門店を開業

 

平成26年

夫の後を私が引継ぎ三代目としてスタート

 

おかげさまで、令和3年現在、私は中国漢方歴27年となり、薬店歴は約70年となりました。

"未病先防"

健康で若さを保ち、長生きが出来るために。

 

漢方専門店で中成薬(中医学理論に基づいて処方された漢方薬)は漢方の90%を占めています。

個人では広告もしないのですが、人から人へ伝えていただいて殆どご紹介というのが有難い事です。

“補腎・補陰”の働きがある漢方薬

 

体の潤いが不足すると“老化”を早めます。水を飲んでも保てるものではなく、有用な体液にはなりません。

潤いが不足する「陰虚」になると肌や目、口、髪の毛の乾燥や骨、歯の脆さ、耳鳴り、めまい、不眠、不安感、全身の関節の動きがスムーズでなく痛い、突っ張る・つるなど不快感があります。

“補腎薬”で腎の働きを強め保水力をつけ、潤わせて軟らかい体を保ちます。

正しい知識で飽食時代を考える

 

やはり人間会話が大切ですね。泣いたり笑ったりしながら、自分の言葉で本心を本根で話せる場がある事。そうする事により病気を防ぐ事も軽くする事も出来ます。

 

飽食時代でつい余分な物を体に溜め込みがちです。

健康の源は「食べる」事ですが、ご自分の住んでいる所で取れる四季の食材(地産地消)をバランス良く腹八分目で食べ、適度な運動をしながらストレスを溜めないで体と心のバランスを整える事です。

 

漢方をもっと知っていただきたいと店舗の前面をガラス張りにし、店内の隅から隅を見渡せるように熱い思いを持って私が設計しました。

気軽に健康の相談が出来るお店です。

 

貴方の“おかん”が一人います。

家訓である『自店の為の商売をしない』『先に役割を果す』を守り通しています。

初めてご来店される方には十分な時間をかけて、ゆっくりお話しを聞かせていただきます。1時間、2時間は余裕を持ってご来店下さい。

今何をするのが良いのか、何をしない方が良いのか食養生も含めてアドバイスさせていただきます。そのために中国漢方の研鑽に取り組んでいます。